今すぐ無料査定!

簡単にできる!普通車の廃車手続きマニュアル

新しいものを買うときには、ワクワク感やよろこびを感じるもの。そのため、多少お金がかかっても納得できてしまいます。しかし、手放す車に対してお金がかかる場合はどうでしょうか。

自動車の廃車を業者に委託すると、サービス料金がかかってしまう可能性があります。このお金を支払っても、何か新しいものが手に入るわけではありません。そのため、「廃車するのにお金を払うのは悔しい」などと感じてしまう方も多いはず。

もちろん、無料で引き受けてくれる業者なら問題ありません。しかし普通車を廃車にする手続きは、それほど難しいものではないのです。方法をしっかりと調べて必要な書類を用意すれば、業者に頼まず自分自身でもできてしまいます。ここでは、普通車を廃車にするための手続きを、分かりやすく解説していきましょう。

普通車を廃車にする流れ

自動車には税金が課されます。また、万が一にも事故などが起きた際には、責任の所在を明らかにしなければなりません。そのため、公道を走る車を持っている人には、法律で登録が義務づけられています。そして普通車を廃車にする際には、下記所定の流れに沿った続きが必要です。

  • 1)解体業者などへ車両を持ち込む
  • 2)書類の準備
  • 3)申請手続き
  • 4)永久抹消登録(廃車)

廃車にする際に必要となるのが、登録の抹消手続きです。この登録抹消を「永久抹消登録」と呼びます。これを怠ると毎年の税金がかかり続けてしまうので、乗らなくなった車はできるだけ早く廃車手続きを済ませましょう。

登録を抹消する車に対し、検査などは行われません。自動車本体は、解体業者などに引き取ってもらうことになるでしょう。時々、凹みや傷などでボロボロになったまま、放置されている車を見かけることがあります。しかしこれは、非常にもったいない状態です。傷みが比較的少ない状態で持ち込むと、解体業者の買い取り金額もアップする可能性があります。そのため、廃車を決めたら早い段階で持ち込むことが大切なポイントです。

業者ではナンバープレートを車から取り外し、持ち主に返してくれます。抹消手続きには、このナンバープレートが必要です。また、廃車に必要となる抹消登録申請書(OCR第3号様式)や手数料納付書などは、運輸支局の販売所で購入して取得します。申請によって抹消登録証明書が交付されるので、しばらく保管しておいてください。

普通車の廃車に必要な書類

普通車の廃車手続きでは、「自動車リサイクル券」「車検証」「印鑑証明」などの書類が必要となります。ただし、業者などに委任する場合と所有者自身が手続きを行う場合では、用意すべき書類が異なります。また、所有者とは異なる使用者が廃車する際には、委任状が必要です。どのような書類が必要かは、自身の状況に応じてあらかじめ確認しておいてください。ここで、普通車の廃車手続きで必要となる主要書類を見ておきましょう。

普通車の廃車手続きには、自動車リサイクル料金の証明書(自動車リサイクル券の一部)が必要です。それまでにリサイクル料金を支払っていないと、解体の際に支払わなければなりません。 また、車検証の住所と現住所が異なっている、あるいは所有者の氏名が変更されている場合は、「住民票」「戸籍謄本」「戸籍抄本」「商業登記簿謄本」など変更履歴を確認できる書類も持参しましょう。なお、自動車重量税の還付が受けられるのは、車検の有効期間が1か月以上残っている場合です。

永久抹消登録の申請手続きは、ナンバープレートの地域名に応じて決められている管轄の運輸支局で行います。必要書類を揃えたら、運輸支局を訪れてください。登録窓口の受付は平日のみ。次の受付時間内に、手続きを行うことが必要です。

  • ・登録窓口の受付時間/午前8:45~11:45、午後1:00~4:00
  • ・運輸支局の業務時間/午前9:00~12:00、午後1:00~4:00
  • ・運輸支局の休日/土日祝、及び12月29日~1月3日

長期間使用しない場合は一時抹消登録も可能

海外留学や出張、入院などで、長期間にわたり普通車を使用しないこともあります。その際には、忘れずに「一時抹消登録」の申請をしておきましょう。そうすれば、その期間の税金が免除され、使用しない車の税金を支払わずに済みます。この一時抹消登録に必要な書類は、永久抹消登録を自身で行う場合と変わりません。

一時抹消登録した普通車へ再び乗ることになった場合は、再登録が可能です。再登録には、必ず一時抹消登録申請時に交付された「一時抹消登録証明書」が求められるので、失くさないよう大切にとっておきましょう。この書類は基本的に再発行ができません。もし失くしてしまうと、再び乗りたいと思った際に「自分の車が目の前にあるのに乗れない」という事態に陥ってしまうでしょう。

もちろん、一時抹消登録中の普通車はナンバープレートが外された状態です。そのため、決して公道を走ってはいけません。交通法違反として取り締まりの対象となるので、再登録手続きが完了してから乗るようにしてください。

  • お電話、またはお見積りフォームからお気軽にお問合せ下さい。
    お客様のお車の走行距離を確認していただき、お手元に車検証をご用意していただくとより詳細なご案内と査定が可能です。

  • お見積りは完全に無料で、訪問見積りにて査定のプロによるより正確な査定が可能です。
    1都3県だけの地域密着型だから、即日お伺いしてその場で無料お見積りも可能!

  • ご成約後、お車のお引取りの日程を調整いたします。ご希望の時間をご相談下さい。
    お見積りにご納得いただけましたら、最短その場で即金でお手続きいたします!

  • お車をお引取りし、必要な書類など揃いましたら 買取金額のお振込みをいたします。
    その場で即日現金でのお支払も条件により可能ですので、是非ご相談下さい!

  • お車の書類手続き完了後、完了確認の書面を郵送させていただき、完了となります。

廃車買取お役立ち情報

都道府県別廃車買取事例

メーカー別 廃車買取事例