今すぐ無料査定!

ケース別で覚える!廃車の手続きに必要な書類

車の廃車を考えた場合、多くの方々は新車を購入した販売店などの業者にサービス料金を支払って、廃車手続きを委託します。しかし実際の廃車手続きは、書類を揃えて窓口に提出するだけ。そのため、手続き自体はそれほど難しいものではありません。自分自身で手続きすることも十分に可能でしょう。では、手続きに必要となる書類は何なのか。ここで詳しくご紹介していきます。

普通車の廃車に必要な書類

廃車といっても、普通車と軽自動車では手続きに必要な書類や申請窓口が異なります。また、所有者本人が手続きを行う場合と、業者や使用者など所有者以外が手続きを行う場合でも、用意する書類が異なるので注意しましょう。

普通車の廃車は「永久抹消登録」と呼ばれます。下記のような書類を用意し、運輸支局等で申請手続きを行いましょう。ナンバープレートに記載された地域名ごとに、管轄の運輸支局が定められています。それ以外の窓口では手続きできません。

必須書類 委任時に必要な書類 自分で手続きする際に必要な書類
基本書類 ・自動車リサイクル券
・自動車検査証(車検証)
・ナンバープレート(前後分2枚)
   
申請書関連 所有者の印鑑証明(発行後3か月以内) ・委任状(受任者、委任内容、自動車登録番号、車体番号、委任者を明記したもの。所有者は印鑑証明の実印を押印)
・譲渡証明書(自動車を譲渡する際)
・申請書(OCRシート第3号様式の3。陸運事務所または廃車業者などで購入) ・所有者の実印(印鑑証明のもの。申請書に押印) ・手数料納付書(手数料無料)
還付関連 ・自動車重量税還付申請書 代理人の印鑑  

申請書は有料となり、約100円で窓口にて購入可能です。車検の有効期間が1か月以上残っている場合は、自動車重量税の還付が受けられます。該当する方は、口座情報(金融機関名、支店名、口座番号、口座種別等)の分かるものを持参しましょう。この還付金を所有者以外が受け取る場合には、受取人を受任者とした所有者の委任状(自署・押印もしくは実印の押印)が必要です。

また、自動車リサイクル料金の証明書とは、自動車リサイクル券の一部です。リサイクル料金を支払っていない場合、登録抹消手続きができません。申請手続きを行う前に解体業者などへ料金を支払い、発行を受けてから手続きを進めましょう。

車検証の住所と現住所が異なる、または所有者の氏名が変更されている場合は、住民票や戸籍謄本、戸籍抄本、商業登記簿謄本など、変更履歴が確認できる書類も持参します。複数回にわたって転居しているなど、履歴確認が難しい際には、事前に管轄の窓口へお問い合わせください。このとき、手元に車検証を用意して電話をかけるとスムーズです。

軽自動車の廃車に必要な書類

普通車の廃車が「永久抹消登録」と呼ばれるのに対し、軽自動車の廃車手続きは「解体返納」と呼ばれます。手続き方法も普通車と若干異なりますので、注意しましょう。

まずは、解体業者に車の解体を依頼します。自動車を自分で勝手に解体することは法律で禁止されているので、解体は必ず専門業者に委託してください。引き取りの際はナンバープレートを取り外し、業者から「使用済自動車引取証明書」を受け取って大切に保管しておきましょう。使用済自動車引取証明書に記された「解体記録日」「移動報告番号」も、手続きに必要です。

普通車の場合、ナンバープレートは封印されているため自分では基本的に取り外せません。一方、軽自動車は10mmのネジで止めてあるだけのため、ドライバーやスパナを使えば簡単に取り外せます。

さらに普通車の廃車手続きが陸運支局を窓口としているのに対し、軽自動車の窓口は軽自動車検査協会です。なお、解体返納の申請手続きは、ナンバープレートの地域名に応じた主管事務所で行います。次の書類を用意して、手続きを進めていきましょう。

必須書類 委任時に必要な書類 自分で手続きする際に必要な書類
基本書類 ・自動車リサイクル券
・自動車検査証(車検証)
・ナンバープレート(前後分2枚)
・所有者の認印
・委任状(受任者、委任内容、自動車登録番号、車体番号、委任者を明記したもの。所有者の署名・押印)  
申請書関連   ・譲渡証明書(自動車を譲渡する際) ・解体届出書(軽第4号様式の3。軽自動車協会の窓口で購入)
・手数料納付書(手数料無料)
・軽自動車税申告書(申請時に窓口で入手)
還付関連 ・自動車重量税還付申請書
・自動車重量税の還付を受ける口座の情報
代理人の印鑑  

所有者が亡くなっている場合

最後に、所有者が亡くなっている場合です。この際、普通車は遺産とみなされるので、相続の対象となります。まずは相続手続きを踏んで所有者を法定相続人に変更した後、相続人が廃車手続き(永久抹消登録)を進めなければなりません。この際に用意する書類は、通常の廃車で用意する書類と同じです。

ただし、軽自動車は遺産とみなされません。そのため、通常の手続きで名義を変更後、廃車手続き(解体返納)を行います。この場合も、必要となる書類は通常の廃車手続きと変わりません。

  • お電話、またはお見積りフォームからお気軽にお問合せ下さい。
    お客様のお車の走行距離を確認していただき、お手元に車検証をご用意していただくとより詳細なご案内と査定が可能です。

  • お見積りは完全に無料で、訪問見積りにて査定のプロによるより正確な査定が可能です。
    1都3県だけの地域密着型だから、即日お伺いしてその場で無料お見積りも可能!

  • ご成約後、お車のお引取りの日程を調整いたします。ご希望の時間をご相談下さい。
    お見積りにご納得いただけましたら、最短その場で即金でお手続きいたします!

  • お車をお引取りし、必要な書類など揃いましたら 買取金額のお振込みをいたします。
    その場で即日現金でのお支払も条件により可能ですので、是非ご相談下さい!

  • お車の書類手続き完了後、完了確認の書面を郵送させていただき、完了となります。

廃車買取お役立ち情報

都道府県別廃車買取事例

メーカー別 廃車買取事例