今すぐ無料査定!

自動車税の還付を受けるには

自動車を所有している人には、年に1回の自動車税の納付義務があります。自動車税は1年間の税金を5月末までに一括して支払うため、年度途中で廃車手続きを行った場合、翌月以降の税額の還付が受けられます。せっかく受け取れるお金なので、忘れずに手続きして還付を受けましょう。

自動車税の基礎知識

自動車税は地方税法に定められた地方税の一種で、都道府県から普通車等の所有者に対して課税されます。車検を受けていなくても、ナンバープレートがついていて登録してある自動車に関しては、納税しなければなりません。これと違って、車検と同時に納付する「自動車重量税」は国税です。

自動車ローンを組んで購入した自動車は、ローンの支払いが終了して債権がなくなるまで所有権が売主に留保されます。しかし、この場合の売主は自動車税の課税対象にはなりません。やはり実質的な所有者である買主に対し、自動車税が課されます。

「乗用車」「トラック」「バス」「その他」という車両の種類ごとに、自動車税の税額表が用意されており、それに基づいて税額が決められます。自家用や営業用という用途、排気量、総積載量、乗車定員などによって税額がかわり、燃費性能が優れているなど、環境負荷の小さい自動車「低公害車」は税率が軽減されます。

毎年4月1日が賦課期日となっており、原則として納期は5月中です(青森県と秋田県は条例により6月中)。軽自動車税は、さらに小さな行政単位である市町村が、やはり4月1日時点の所有者に対して課税します。

年度途中の廃車に対する考え方

自動車税は、自動車を所有していることに対して、月単位でかけられる税金です。そうはいっても毎月徴収するような手間はかけられないため、年度当初の所有者に対し、1年分の税金をまとめて課税されることになります。そのため、年度途中で所有する自動車を廃車(永久抹消登録)した場合は、その翌月から年度末までの期間に対する税金は宙に浮くことになります。還付手続きをすれば、この部分の還付が受けられるわけです。自動車重量税も車検と同時にその先2年間分を事前に徴収されるので、残存期間分の還付が受けられます。

自家用の乗用車は排気量1.0リッター以下でも、自動車税が毎年29,500円かかります。排気量が6.0リッターを超えると、年間111,000円もの負担になります。決して小さな金額ではないので、還付の手続きは重要です。具体的な還付金額は、次の計算式に従って求めましょう。

・1年分の自動車税×廃車翌月から年度末までの月数/12か月
=還付金額(ただし100円未満は切り捨て)

軽自動車税はこれに比べると少額ですが、年間課税であり、月割額はありません。たとえ4月2日に廃車(解体返納)したとしても、1年分の税金を支払うことになります。還付は一切受けられませんので、注意しましょう。年度末にかけて軽自動車を廃車にする予定があるなら、早めに手続きをすませてしまったほうがお得です。自動車重量税に関しては、軽自動車でも還付を受けることができます。

自動車税還付の手続き

自動車税の還付を受けるには、まずナンバープレートごとに定められている管轄の運輸支局の窓口で、通常の永久抹消登録の手続きをすませましょう。所定の書類を用意して窓口を訪れ、申請書を購入して記入し、提出します。

還付手続きは、運輸支局と同じ敷地内にある自動車税事務所で行います。自動車税申告用紙に必要事項を記入し、窓口に提出しましょう。還付金は現金で受け取るわけではなく、後日指定の口座に振り込まれます。そのため、還付を受ける口座の銀行名や支店名、口座種別、口座番号、口座名義といった情報を事前に控えておき、わかるように準備しておきましょう。実際に還付金が振り込まれるのは、手続きからおよそ2か月後です。

軽自動車の場合は、まずナンバープレートの地域名ごとに定められている軽自動車協会の主管事務所で、解体返納の手続きをすませます。やはり事前に所定の書類を用意して、窓口で申請書を購入し、申請します。その後、廃車の申請書の控えを持って軽自動車税の手続きをすませれば、自動車重量税の還付が受けられます。

また、陸運支局や軽自動車協会の主管事務所での廃車手続きが完了したら、自賠責保険料の払い戻し手続きも忘れずに行っておきましょう。自賠責保険は法律によって加入が義務付けられている保険ですが、解約すると、残りの有効期限に応じて保険料の払い戻しが受けられます。これに加えて、自分が任意で加入している自動車保険があれば、その解約手続きも必要です。別の車を購入するなどした場合は、登録手続きに加え、保険関係の車両入替手続きを行いましょう。この手続きには、廃車の手続きと同時に交付を受けた解除事由証明書などの書類が必要です。記入漏れなどがあって確認が求められる可能性もあるので、手続きがすんだ後も、書類はしばらく大切に保管しておきましょう。

  • お電話、またはお見積りフォームからお気軽にお問合せ下さい。
    お客様のお車の走行距離を確認していただき、お手元に車検証をご用意していただくとより詳細なご案内と査定が可能です。

  • お見積りは完全に無料で、訪問見積りにて査定のプロによるより正確な査定が可能です。
    1都3県だけの地域密着型だから、即日お伺いしてその場で無料お見積りも可能!

  • ご成約後、お車のお引取りの日程を調整いたします。ご希望の時間をご相談下さい。
    お見積りにご納得いただけましたら、最短その場で即金でお手続きいたします!

  • お車をお引取りし、必要な書類など揃いましたら 買取金額のお振込みをいたします。
    その場で即日現金でのお支払も条件により可能ですので、是非ご相談下さい!

  • お車の書類手続き完了後、完了確認の書面を郵送させていただき、完了となります。

廃車買取お役立ち情報

都道府県別廃車買取事例

メーカー別 廃車買取事例