今すぐ無料査定!

自動車税を滞納している場合の処分方法

自動車を所有している人は、法律上定められた義務として、自動車税を支払わなければなりません。それでは、この自動車税を滞納している場合、廃車の手続きはできないのでしょうか。自動車税を滞納している場合の処分方法は、滞納の期間によっても異なってきます。こちらでは、ケース別の対処法をお伝えしていきます。

自動車税とは

自動車税とは、都道府県から普通車等の所有者に課せられる地方税の一種です。毎年4月1日が賦課期日となっており、原則として5月中にその年度1年分の税金を納付しなければなりません。

自動車税の税額は乗用車やトラック、バスといった区分ごとに税額表で定められています。その中でも乗用車の自動車税額は高額で、排気量が6.0リッターを超えると年間で111,000円もの自動車税がかかります。もしその自動車税を滞納してしまったら、2年分で22万円以上もの負担になるわけですから、簡単には支払えません。世界的にみても、日本の自動車税は高額だと言われています。

乗用車の自動車税額表(単位:円)
排気量 自家用 事業用
1.0リッター以下 29,500 7,500
1.0超縲鰀1.5リッター以下 34,500 8,500
1.5超縲鰀2.0リッター以下 39,500 9,500
2.0超縲鰀2.5リッター以下 45,000 13,800
2.5超縲鰀3.0リッター以下 51,000 15,700
3.0超縲鰀3.5リッター以下 58,000 17,900
3.5超縲鰀4.0リッター以下 66,500 20,500
4.0超縲鰀4.5リッター以下 76,500 23,600
4.5超縲鰀6.0リッター以下 88,000 27,200
6.0リッター超 111,000 40,700

もちろん、自動車税は車に乗っている以上支払わなければなりません。しかしこの負担の大きさから、経済状況が予想外の事態でかわった人などの中には、自動車税を滞納してしまう人もいるようです。廃車の手続きと自動車税の納税では管轄する部署が異なるため、基本的に自動車税を滞納していても、自動車を処分することは可能です。いざ廃車にしようとして、未納に気づく人も少なくありません。

軽自動車税も4月1日の所有者に対して課税されますが、こちらは市町村から課税される税金です。軽自動車の排気量はほぼ660㏄で統一されているので、普通車のように排気量による細かな区分はありません。業務用と自家用、乗用と貨物用では税額が異なりますが、基本的に一律で金額が決まっています。

今年度の自動車税のみを滞納している場合

滞納している自動車税が本年度分のみだった場合、通常とまったく同じ手続きで廃車が可能です。普通車の廃車は「永久抹消登録」と呼ばれます。所定の書類を揃えて管轄の陸運支局を訪れ、申請書を提出し、自動車税事務所で税金の手続きも行いましょう。もし未納の金額がすぐに用意できる範囲なら、この時に自動車税事務所で支払ってしまうことをおすすめします。

業者に委任した場合や、自分で手続きしたけれどすぐに資金が用意できなかった場合にも、それほど心配はいりません。永久抹消登録の1~2か月後、自動車税事務所から未払い分の自動車税に対する請求書が、手続きで提出した印鑑証明書の住所に送られてきます。例えば6月に廃車をした場合、4月から6月の3か月分しか自動車税を請求されません。ただし、自動車税は月割で請求されるので、手続きが月末をまたぐと納付する金額が増えてしまいます。損をしないために、できるだけ早く申請手続きを終えてしまいましょう。

「失業してしまった」など、何らかの事情があって一括で自動車税が納付できない場合は、自動車税事務所に電話して相談してみましょう。きちんと説明をすることで、分割での納付が可能となるケースもあるようです。

2年以上自動車税を滞納している場合

2年以上滞納している場合は、「嘱託保存」という措置が取られます。この場合は滞納分を支払わなければ、抹消手続きができない可能性があるため、注意しましょう。次のような手順で手続きを進めていきます。

  • 1.解体業者に車両の解体を依頼する
  • 2.自動車税事務所に解体したことを申請し、自動車税の課税をストップ(⇒嘱託保存に)
  • 3.自動車税事務所に滞納した自動車税の支払い方法を相談
  • 4.一括もしくは分割にて滞納金を納付
  • 5.納付し終わった時点で、嘱託保存を解除
  • 6.陸運支局にて永久抹消登録

自動車税を滞納したままだと、数年経過した時点で請求が来なくなるかもしれません。しかし、請求がなくなったからといって債務や滞納の記録がなくなったわけではなく、記録はそのまま残っています。そのままだと、延滞金がプラスされて請求額が増えてしまう可能性も。支払いの相談には応じてくれるケースが多いので、まずは思い切って問い合わせてみましょう。

廃車買取業者を利用すると、できる限りのお値段でお車を買い取ります。そのため、自動車税の納付にも貢献できるかもしれません。私たちは処分されるお車から使用可能なパーツを見つけ出し、新たな持ち主のもとで活躍できるような状態にしています。古い車や事故を起こした車でも、使用できるパーツがあるかもしれませんし、鉄部や樹脂の部分も重量に応じて素材として活用可能です。滞納の状態をできる限り早く解消するためにも、一度まずは業者へ相談してみてください。

  • お電話、またはお見積りフォームからお気軽にお問合せ下さい。
    お客様のお車の走行距離を確認していただき、お手元に車検証をご用意していただくとより詳細なご案内と査定が可能です。

  • お見積りは完全に無料で、訪問見積りにて査定のプロによるより正確な査定が可能です。
    1都3県だけの地域密着型だから、即日お伺いしてその場で無料お見積りも可能!

  • ご成約後、お車のお引取りの日程を調整いたします。ご希望の時間をご相談下さい。
    お見積りにご納得いただけましたら、最短その場で即金でお手続きいたします!

  • お車をお引取りし、必要な書類など揃いましたら 買取金額のお振込みをいたします。
    その場で即日現金でのお支払も条件により可能ですので、是非ご相談下さい!

  • お車の書類手続き完了後、完了確認の書面を郵送させていただき、完了となります。

廃車買取お役立ち情報

都道府県別廃車買取事例

メーカー別 廃車買取事例