今すぐ無料査定!

車検切れの車の処分方法

公道を走る車は、安全に整備された状態でなければなりません。整備不良な車両のせいで危険な目に合う人がいないよう、用意されている制度が「自動車検査登録制度(車検制度)」です。車検を受けていない車は法律で公道を通行できないことになっていますが、その場合処分は可能なのでしょうか。可能だとすれば、どのように手続きをすればよいのでしょうか。

安全な公道を守るための制度 車検とは

一般的に「車検」と呼ばれるのは、「自動車検査登録制度」で義務付けられている検査のことです。対象となる車両は一定期間ごとに検査を受けるよう義務付けられており、国の定める保安基準に適合しているか、毎回確認を受けます。車検証の有効期限が切れた車では、公道を走ることが許されません。きちんとブレーキが効くか、オイル漏れなどの異常はないかという点検をすべての車が定期的に受けることで、安全な公道が守られているわけです。

使用中の自動車に対して行われる一般的な車検は「継続検査」と呼ばれるもので、保安基準への適合が確認できれば、自動車検査証の有効期限が延長されます。ディーラーや整備業者で受けられるほか、車検代行業者にまかせたり、所有者が自ら運輸支局に車両を持ち込んで車検を受けたりすることも可能です。ディーラーや整備業者の車検が「ディーラー車検」と呼ばれるのに対し、所有者が運輸支局に車両を持ち込む車検は、「ユーザー車検」と呼ばれます。

自家用乗用車の場合、普通車でも軽自動車でも初回は登録の3年後に、以降は2年ごとに車検を受ける必要があります。ディーラーなど多くの業者では、ハガキや電話などを使ってユーザーに車検の時期を告知していますが、「うっかり忘れていた」「費用が用立てられなかった」などの理由で、車検の時期を逃してしまう人も少なくありません。

車検切れの車の処分方法

車検が切れた車で公道を走ると、警察の取り締まり対象となります。車検の有効期限はフロントガラスに貼るシールに明記されているので、警察にはすぐに伝わると思ったほうがよいでしょう。もしも捕まってしまうと、6点の減点です。さらに自賠責保険も切れている場合は、合わせて12点の減点となります。その時点で90日の免停となり、ほかに1つでも違反事項があれば、即免許取り消しとなってしまいます。罰金や懲役などの刑事罰も科せられる重大な違反なので、車検が切れた車には決して乗らないようにしましょう。

車検の切れた車であっても、廃車手続きが可能です。車検切れの車の処分方法は、大きくわけて以下の2つです。

  • ・解体業者に連絡してレッカーもしくは陸送
  • ・仮ナンバーを取得(+自賠責加入)して陸運支局もしくは解体業者に車両を持ち込み、自分で廃車手続き

費用面では仮ナンバーを取得したほうが有利ですが、若干手続きが増えてしまうため、このような場合はできるだけ解体業者をご利用ください。陸送やレッカーには、一定の費用がかかります。2万円程度が目安で、業者とご自宅の距離が遠い場合は4~6万円程度かかるケースも。事前に業者にご住所を伝え、費用の目安を聞いた上で申し込みましょう。

解体業者の多くは解体する車両を買い取ることで、車のパーツや素材を生かし、運搬に必要な費用と買取費用を相殺します。それによってお客様の負担を軽減しつつ、場合によってはこちらから買取費用のお支払いをすることも可能です。

パーツなどの買取費用を高くするためには、できる限り劣化が少ない状態で業者に引き渡すことが大切です。その辺に放置されている車を見かけることがありますが、あれでは乗っていないうちに買い取り価格が下がってしまいます。状態が悪いため遠慮する方が多いようですが、鉄部や樹脂には素材としての価値もあるのです。

ご自分で車両を持ち込んで廃車手続きをする場合

車検が切れた車をご自分で陸運支局や解体業者に持ち込み、廃車手続きを行う場合、移動のための特別な許可を取らなければなりません。まず、最寄りの役所で仮ナンバーの交付を申請します。仮ナンバーは車検が切れた車やまだ登録されていない車に対し、道路運送車両法の定める範囲内で最小限度の走行を許可する臨時運行許可のことです。最長でも5日間しか使用できません。交付を受けたら、速やかに手続きを行いましょう。この時に、役所によって金額は異なるようですが、仮ナンバーの交付手数料として収入印紙(600~700円程度)の購入を求められます。

車検だけでなく自賠責保険も切れている場合、仮ナンバーの申請ができません。その場合はまず、保険会社で自賠責保険の再加入手続きを行います。廃車にする場合は自賠責保険の加入期間を1週間程度などの短期にしておき、保険料に無駄が出ないようにしましょう。

仮ナンバーをつけて管轄の陸運支局(普通車の場合)もしくは解体業者に車両を持ち込み、廃車の手続きを行います。手続き後は速やかに、役所に仮ナンバーを返納しましょう。

仮ナンバーの交付手数料は微々たるもので、ご自分で持ち込みをするとレッカーや陸送の費用が節約できます。ただ、自賠責保険の加入手続きや役所での手続きが必要なので、仮ナンバーの返納も考えると、プロにまかせてしまったほうが費用対効果は高いのではないでしょうか。買取料金が高い業者を選べば、逆に費用が返ってくるかもしれません。車検の切れた車両の廃車は、専門の業者に引き取りを依頼するのがおすすめです。

  • お電話、またはお見積りフォームからお気軽にお問合せ下さい。
    お客様のお車の走行距離を確認していただき、お手元に車検証をご用意していただくとより詳細なご案内と査定が可能です。

  • お見積りは完全に無料で、訪問見積りにて査定のプロによるより正確な査定が可能です。
    1都3県だけの地域密着型だから、即日お伺いしてその場で無料お見積りも可能!

  • ご成約後、お車のお引取りの日程を調整いたします。ご希望の時間をご相談下さい。
    お見積りにご納得いただけましたら、最短その場で即金でお手続きいたします!

  • お車をお引取りし、必要な書類など揃いましたら 買取金額のお振込みをいたします。
    その場で即日現金でのお支払も条件により可能ですので、是非ご相談下さい!

  • お車の書類手続き完了後、完了確認の書面を郵送させていただき、完了となります。

廃車買取お役立ち情報

都道府県別廃車買取事例

メーカー別 廃車買取事例