今すぐ無料査定!

廃車手続きに必要な費用

自動車には、地方自治体によって車種や用途などに応じた税金がかけられることが決まっています。また、事故や事件が起こった場合は所有者を特定し、責任を明らかにしなければなりません。このことから、自動車を持つ人は法律によって登録が義務づけられています。

廃車とは、この登録を抹消する手続きを指す言葉です。正式には、普通車の場合は「永久抹消登録」、軽自動車の場合は「解体返納」と呼びます。

自動車の廃車には、一定の費用が掛かります。廃車に必要な費用は、主に次の3つです。

  • ・自動車リサイクル料
  • ・永久抹消登録(解体返納)費用
  • ・解体費用

それぞれの内容を、詳しく説明していきましょう。

廃車に必要な自動車リサイクル料

「自動車リサイクル料」とは、使用済自動車を積極的にリサイクルし、適正な処理が行われるよう設定されたものです。2005年1月に施行された「自動車リサイクル法」に基づき、1台につき1回、自動車の所有者に対して負担が求められます。廃車を考える前にリサイクル料を支払っていればよいのですが、まだ支払っていない車両を廃車する際は、解体業者や廃車買取業者などに支払いましょう。

所有者から集められた費用は自動車メーカーや輸入業者に届けられ、シュレッダーダストやエアバッグ類、フロン類の引取やリサイクルに使用されます。メーカー側にとって、この引取やリサイクルは義務。適正な処理を行わない業者は罰せられます。リサイクル料は次のような金額を目安と考えればよいでしょう。

廃車にする車の種類 リサイクル料の概算金額
国産軽自動車 8,000円
国産自動車 10,000円
外国車 15,000円
大型車 20,000円

ただし、リサイクル料の正確な金額はメーカーや車種、装備品によって1台ごとに異なります。「正確な金額が知りたい」という方は、自動車リサイクルシステムのホームページ(http://www.jars.gr.jp/)に車体番号や登録番号を入力し、照会してみましょう。リサイクル料を支払った車には「自動車リサイクル券」が交付されます。このうちの一部である「自動車リサイクル料金の証明書」は、廃車の手続きに必要なので、車検証と一緒に大切に保管しておいてください。

廃車に必要な永久抹消登録・解体返納の手続き費用

次に、廃車の手続きそのものにかかる費用をみていきましょう。普通車の廃車である永久抹消登録の手続きは陸運支局で行い、軽自動車の廃車である解体返納は軽自動車協会で行います。普通車の廃車手続きには印鑑証明が必要で、印鑑証明書の発行費用(200~400円)がかかります。軽自動車の場合、印鑑証明書は必要ありません。

  普通車 軽自動車
印鑑証明書 発行費用 200~400円 0円
手数料 0円 0円
申請書 購入費用 100円程度 100円程度
300~500円程度 100円程度

廃車手続きの際は窓口で手数料を支払いますが、解体する場合は手数料が無料です。一時抹消登録(軽自動車の場合、一時使用中止)の手続きをする場合は、自動車検査証返納証明書の交付一通につき、350円の手数料がかかります。

この廃車手続きを業者に依頼すると、それだけで数千円の費用を請求されることもあります。しかしこの表からわかるように、実際の廃車手続きにかかる費用は微々たるものです。手続きは平日の昼間に行わなければならないため、どうしても自分では難しい場合などは、そういった業者を利用してもよいでしょう。

今年度分のみであれば自動車税が未払いでも廃車手続きができますが、2年以上滞納している場合は、「嘱託保存」という措置が取られます。この場合は滞納分を支払わなければ、抹消手続きができない可能性があるため、注意しましょう。すぐに全額支払えない場合は、まず解体後に自動車税事務所に申請して、自動車税の課税をストップしてもらいます。その後滞納金の支払い方法を相談すると、分割の納付が許される場合もあるようです。全額納付後に嘱託保存が解除され、陸運支局での抹消手続きが可能となります。

車体の解体にかかる費用

廃車に必要な費用のうち、比較的大きな費用となるのが車体本体の解体費用です。費用は業者によって異なりますが、1万円前後だと考えておけばよいでしょう。

車検が切れている場合、公道を走ることができません。もしも車検が切れた車に乗っていて警察に捕まれば、自賠責保険も切れていた場合、12点の減点。違反がほかに何もない状態で90日の免停となり、1回でもほかに違反をしていれば免許取り消しとなってしまいます。懲役もしくは罰金の刑事罰も科せられるので、絶対に乗ってはいけません。こうしたケースや事故で動かない車など、引取を依頼する場合は、業者から自宅までの距離によって陸送費が掛かります。陸送費は1万円程度のケースが多いですが、2~3万円かかるケースも珍しくありません。そうならないよう、車検が切れる前に手続きを進めておくことをおすすめします。

当社のように廃車買取を専門とする業者では、使用できる部品を大切に保管し、次の持ち主のもとで役立てます。経年劣化がひどく、部品としては使用できない鉄部や樹脂も素材として生かし、別の形でよみがえらせます。これによって解体の費用が無料になったり、逆に買取費用がお支払いできたりするケースも少なくありません。

  • お電話、またはお見積りフォームからお気軽にお問合せ下さい。
    お客様のお車の走行距離を確認していただき、お手元に車検証をご用意していただくとより詳細なご案内と査定が可能です。

  • お見積りは完全に無料で、訪問見積りにて査定のプロによるより正確な査定が可能です。
    1都3県だけの地域密着型だから、即日お伺いしてその場で無料お見積りも可能!

  • ご成約後、お車のお引取りの日程を調整いたします。ご希望の時間をご相談下さい。
    お見積りにご納得いただけましたら、最短その場で即金でお手続きいたします!

  • お車をお引取りし、必要な書類など揃いましたら 買取金額のお振込みをいたします。
    その場で即日現金でのお支払も条件により可能ですので、是非ご相談下さい!

  • お車の書類手続き完了後、完了確認の書面を郵送させていただき、完了となります。

廃車買取お役立ち情報

都道府県別廃車買取事例

メーカー別 廃車買取事例