今すぐ無料査定!

ハッチバック■ハッチバックの廃車買取事例

ハッチバックとは

ハッチバックは、居室と荷室が分かれておらず、コンパクトながら広い室内空間が確保された自動車です。
どんな車も高価買取 買取例

ハッチバックの代表的な車種

代表的な車種には、トヨタのヴィッツ、日産のマーチやノート、ホンダのフィットなどがあります。コンパクトカーのほとんどがハッチバックで、アルトやミラなど軽自動車のハッチバックも存在します。日本車におけるハッチバック車の元祖は1966年に発売されたトヨタのコロナ5で、1970年代中頃にトヨタのカローラやホンダのシビックが登場し、一般化しました。日本では5ドアハッチバックが主流で、軽自動車で3ドアハッチバックの車種はミラバンのみとなっています。

▲先頭へ戻る

廃車買取りのラインナップには、アジア、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパといった全世界96か国に渡るグローバルな自動車買取ネットワークを独自のルートで構築しておりますので、世界中の様々な国の買取相場を元に各国のバイヤーに交渉し、最高値の市場に輸出することができるので、お客様により高い査定額でのご提案が可能となります。
世界のバイヤーの間では、例えば、マニュアル車、左ハンドル車、トラックなど非常に人気があり、日本の自動車は信頼性も高いので思いもよらない高値がつくことがあります。

廃車買取りのラインナップでは、廃車・不動車でもそのタイヤ、ホイール、電装機器、液晶パネルなどのパーツは、まだ使えるものであればリサイクルパーツとして国内外を問わず再販することでより高い買取を可能にしています。
特に海外で需要が多く、価値が十分にあります。それも、日本では車検が定期的に義務付けられていることから、海外では日本車の信頼度が高く、日本車のパーツというだけでひとつのステータスブランドという扱われ方もします。従って確実に売れるルートを常に確保してあると言っても過言ではないのです。

廃車買取りのラインナップでは自社工場による丁寧な整備の後、国内での販売にも力を入れています。一度役目を終えた車でも、手を入れればまだ十分働ける車もあります。
当然まだ働ける可能性のあるお車には、その価値に見合った価格をお付けすることが可能です。お客様が大切にしてきた車を当社の再販ノウハウに乗せることでそのお車の寿命を延ばしお客様に良い価格の提案が出来ると思います。あなたの愛車を最良の方法で、最高の価格で。

Yahoo!オークションでの一般的な流通価格について

ハッチバックのヤフオクでの平均落札価格は約22万円です。MINIやフィアット、メルセデス・ベンツAクラスなどは40万円台で取引されることが多いようです。人気の高いホンダ・フィットなどは数多く出品されています。走行距離が短い、オプションが豊富に装備されている、最上級モデルといった条件のものだと、50万円以上で落札されるケースもあります。出品数の少ない海外メーカーの車種でも、人気が集中し、高値で落札されます。

▲先頭へ戻る

海外輸出、パーツリサイクル、国内再販といった主要な3つのルートから、自動車の状態から個別の事例に合わせて独自のシステムで分析し、更にもっとも高値で取引される売却ルート検出するので、最良の方法で、最高の価格のご提案が可能です。

広告と店舗をインターネット化することで、大幅な経費削減を実施し、削減分をお客様に還元することが可能です。

ハッチバックの廃車買事例一覧

車種(型式) メーカー 走行距離 車検 地域
プリウス DAA-NHW20 トヨタ 123,000Km H27/8 東京都江戸川区
キャロル ABA-HB23S マツダ 130,000Km H27.6.13 東京都練馬区
キューブ3 DBA-YGZ11 日産 170,000Km Feb-29 東京都江東区
フィット LA-GD1 ホンダ 78,000Km H27.11.19 東京都江東区
プリウス DAA-NHW20 トヨタ 220,000Km H27/10 東京都品川区
コルト Z25A 三菱 58,000Km H29/1 東京都足立区
エディックス - ホンダ 98,000Km H27/9 東京都練馬区
ルネッサ E-PNN30 日産 160,000Km H22 東京都杉並区
パッソ DBA-KGC30 トヨタ 90,000Km 不明 東京都練馬区
プリウス DAA-NHW20 トヨタ 102,000Km H27/8 東京都江戸川区

お問い合わせ

無料査定申し込み

ハッチバックについて

ハッチバックとは、乗車スペースとトランクルームが隔てられておらず、後部ドアが跳ね上がるタイプの車種です。ほとんどのコンパクトカーがハッチバックで、室内空間を広く確保することができます。バンのようにパーセルシェルフを取り外して、後部座席が折りたためるようになっている車種が大半で、多くの荷物を積みこめます。大きい荷物や長物も後部ドアから楽に積み下ろしができ、利便性の高い自動車といえます。3ドアハッチバックと5ドアハッチバックがあり、日本ではかつて重量や剛性、価格などの理由から3ドアが主流でしたが、現在では使い勝手の良い5ドアが主流となっています。日本車におけるハッチバック車の元祖は1966年に発売されたトヨタのコロナ5で、1970年代中頃にトヨタのカローラやホンダのシビックが登場し、一般化しました。発売当初は業務用バンと間違われるほど認知されていませんでしたが、今ではコンパクトカーや軽自動車では最もスタンダードなスタイルとなっています。
  • お電話、またはお見積りフォームからお気軽にお問合せ下さい。
    お客様のお車の走行距離を確認していただき、お手元に車検証をご用意していただくとより詳細なご案内と査定が可能です。

  • お見積りは完全に無料で、訪問見積りにて査定のプロによるより正確な査定が可能です。
    1都3県だけの地域密着型だから、即日お伺いしてその場で無料お見積りも可能!

  • ご成約後、お車のお引取りの日程を調整いたします。ご希望の時間をご相談下さい。
    お見積りにご納得いただけましたら、最短その場で即金でお手続きいたします!

  • お車をお引取りし、必要な書類など揃いましたら 買取金額のお振込みをいたします。
    その場で即日現金でのお支払も条件により可能ですので、是非ご相談下さい!

  • お車の書類手続き完了後、完了確認の書面を郵送させていただき、完了となります。

都道府県別廃車買取事例

メーカー別 廃車買取事例