今すぐ無料査定!

ハッチバックの廃車買事例一覧

車種(型式) メーカー 走行距離 車検 地域
スイフト TA-HT81S スズキ 81,000Km H28/10 東京都板橋区
スイフト CBA-ZC31S スズキ 61,000Km H28/3 東京都新宿区
スイフト GH-HT51S スズキ 71,000Km H28/1 東京都中央区
スイフト DBA-ZD21S スズキ 63,000Km H28/1 東京都渋谷区
スイフト DBA-ZD72S スズキ 86,000Km H28/12 東京都品川区
スイフト DBA-ZD11S スズキ 68,000Km H28/5 東京都台東区
スイフト UA-HT51S スズキ 70,000Km H28/6 東京都世田谷区
スイフト DBA-ZC72S スズキ 67,000Km H28/6 東京都板橋区
スイフト DBA-ZC71S スズキ 79,000Km H28/9 東京都大田区
E240ワゴン DBA-212273 メルセデスベンツ 77,000Km H28/3 東京都世田谷区

お問い合わせ

無料査定申し込み

ハッチバックについて

ハッチバックとは、乗車スペースとトランクルームが隔てられておらず、後部ドアが跳ね上がるタイプの車種です。ほとんどのコンパクトカーがハッチバックで、室内空間を広く確保することができます。バンのようにパーセルシェルフを取り外して、後部座席が折りたためるようになっている車種が大半で、多くの荷物を積みこめます。大きい荷物や長物も後部ドアから楽に積み下ろしができ、利便性の高い自動車といえます。3ドアハッチバックと5ドアハッチバックがあり、日本ではかつて重量や剛性、価格などの理由から3ドアが主流でしたが、現在では使い勝手の良い5ドアが主流となっています。日本車におけるハッチバック車の元祖は1966年に発売されたトヨタのコロナ5で、1970年代中頃にトヨタのカローラやホンダのシビックが登場し、一般化しました。発売当初は業務用バンと間違われるほど認知されていませんでしたが、今ではコンパクトカーや軽自動車では最もスタンダードなスタイルとなっています。
  • お電話、またはお見積りフォームからお気軽にお問合せ下さい。
    お客様のお車の走行距離を確認していただき、お手元に車検証をご用意していただくとより詳細なご案内と査定が可能です。

  • お見積りは完全に無料で、訪問見積りにて査定のプロによるより正確な査定が可能です。
    1都3県だけの地域密着型だから、即日お伺いしてその場で無料お見積りも可能!

  • ご成約後、お車のお引取りの日程を調整いたします。ご希望の時間をご相談下さい。
    お見積りにご納得いただけましたら、最短その場で即金でお手続きいたします!

  • お車をお引取りし、必要な書類など揃いましたら 買取金額のお振込みをいたします。
    その場で即日現金でのお支払も条件により可能ですので、是非ご相談下さい!

  • お車の書類手続き完了後、完了確認の書面を郵送させていただき、完了となります。

都道府県別廃車買取事例

メーカー別 廃車買取事例